前へ
次へ

外構工事はハウスメーカーに頼まなくても良い

マイホームを手に入れる上で建て売り住宅ではなく注文住宅で家を建てた経験のある方の多くは、お庭の外構工

more

外構工事とエクステリア工事の違いについて

住宅の工事には、建物本体の工事以外に、内装工事と外構工事とに大別できます。前者は、建物の内部の壁や床

more

外構工事を行なうに当たっての注意点

近年人気のある外構工事ですが、そこにはいくつかの注意点があります。注意点としてまず挙げられるのが、業

more

外構工事はメンテナンスまで考える

外構工事を請け負う施工会社では、工事のみならず、どうしたらいいのかという相談だけでも可能ですし、見積もりも取ることができます。さらに、メンテナンスにも協力的です。外構工事ではプロですから、建主にとって面倒にならない素材選びも抜かりなく行ってくれます。『そっちよりもコッチが最適』というのにも、しっかりした理由があるのです。アルミやスチール製の門扉やフェンスも、長持ちする耐久性から選んでくれます。アルミ製は汚れを放置すると、腐食の原因になります。DIYでできることは、腐食や汚れを除去してから、アクリル系塗料を塗布して補修することです。スチール製の門扉やフェンスは、アルミ製より安価ですから、沢山のご家庭でも使われています。錆落としだけは抜かりなく行っておきましょう。外構工事では基本はプロに依頼しますが、それでもDIYができるケースもあります。吹き付けや塗装仕上げの塀のメンテナンスもそのひとつです。家庭では、高圧洗浄で汚れを落とすことができますが、外構は雨風にさらされて、ひどい汚れになりがちですからプロに依頼するのが間違いないでしょう。費用はそれなりにかかりますが、腐食して使えなくなるよりマシでしょう。メンテナンスに限ってではなく、工事全般にいえるのは、立地条件や住環境、施工方法や塀の形などによって提案してくれるために、間違いない快適性を得られる内容です。外壁などの塗り直しも得意とし、中身まで傷む前に早々と依頼しましょう。コンクリートやブロック塀も同じ、黒ずみが通りから見ても気になる、そうした残念になるお宅が少なからずあります。業者いわく、自分たちの手だけで元のようにきれいにするのは難しいといいます。素材によって傷み、汚れ具合は異なります。外構工事して1年も経たずに汚れてしまうものもありますし、石材も通路に使えばすぐに欠けたり、ひび割れするものがあるので、やはりプロに任せるのが賢明でしょう。

住まい探しナビ
あなたのお家アンサー倶楽部がご要望に合う最後までお探しします

橿原 注文住宅
どんな家にしたいのかお聞かせください

無理だと思っていたけど住宅ローン審査を通過しました!
これまで多数のお客様の新生活をサポート
してきたセンチュリー21は神奈川県西部・県央エリアの不動産会社口コミ評価No.1!

家を買いたい!と思ったときに気軽に相談できるのは
神奈川県住宅ローン相談窓口
!相談料はなんと無料!あなたにぴったりの住宅ローンが見つかります。

Page Top