前へ
次へ

破損した門扉は外構工事で簡単に修理

地震や台風などの災害が続けて発生する事で、住宅内のあちこちがダメージを受けてしまい、門扉のハンドルが回らなくなるトラブルが発生しました。このまま同じものを使い続けるのは難しいので、外構工事のプランを話し合いながら門扉を交換してみたところ、住宅の外観に合う商品を設置できて安心しています。ハンドルの形にこだわりを感じる西洋風の門扉で、アンティーク調の見た目に高級感があるので、値段が高くなりそうだと心配になりましたが、施工の費用が安くて驚きました。素材としてアルミを使っているのが値段が安い理由の一つで、塗装だけでアンティーク調の見た目を作り出しています。デザインが美しくて価格が安い門扉を取り付けられるのも、外構工事に興味を持った理由です。ハンドルは握りやすい形をしており、軽い力を込めるだけでドアが開くのも新しい門扉の魅力だと言えます。ブロックの基礎部分を少し崩す必要はありましたが、基礎部分を再構築するために高い費用を支払う事にはなりません。

Page Top