前へ
次へ

外構工事に植物を取り入れる場合

外構工事で緑の要素を取り入れたい場合は、植物が使用されることもあります。葉が集まるとそのまま人目から内側を保護したり、強すぎる日光を遮るといった役割も持たせられます。植物次第では季節によって花が咲いて実がなるなど、副産物の効果も期待できます。ただ他の人工物を使用する外構工事とは異なり植物は成長するため、定期的な手入れが欠かせません。伸び過ぎて乱雑になったシルエットを剪定で整えたり、病気にならないケアなど様々です。大掛かりなものになると、専門家へ依頼する必要性が出てくるものもあります。もちろん多少の知識と技術があれば維持できるものもあるため、植物の世話が好きな人にとっては楽しみのひとつにできるでしょう。外構工事に用いられる植物は、それぞれ成長する速度や、その成長が集中する季節が異なります。そのため設置する際には、候補をひと通り挙げておいてから、将来的に長い時間無理なく手入れができるものを選びましょう。

Page Top